イオン導入器 仕組み

そもそもイオン導入器とはどんなものなのか?

昨今様々な美顔器が存在していますが、その中でもよく名前を耳にするものにイオン導入美顔器があるかと思います。

 

イオンというとなんとなくお肌に良さそうなイメージを持つものですが、そもそもどのような仕組みでどのように作用するのかよくわからないということもあるでしょう。

 

イオン導入器

 

イオン導入器というのはイオン導入という美容方法を行うための機械ととらえることができます。

 

イオン導入というのは普通に塗り込んだだけでは肌に浸透していきづらいビタミンC誘導体やプラセンタといった美容成分を、電流の力で浸透しやすくするという方法です。

 

その電流を流すために使うのがイオン導入器なのですね。

 

ちなみに電流といっても微弱なものなので体がしびれてしまうといったことはありません。

 

ではなぜ電流を流すと美容成分が浸透しやすくなるのかというと、肌の一番表面に当たる角質層というのは陽イオンが多く、内側の顆粒層は陰イオンが多くなっているためです。

 

何がなんやらわからないとなりがちですが、ひとまずイオンというのは磁石におけるS極とN極のようなものであると考えておけば良いでしょう。

 

陽イオンが多い角質層は酸性、陰イオンが多い顆粒層はアルカリ性という反対の性質を持っています。

 

この性質によってお互いが反発しあい電気のバリアを形成しており、このバリアによって美容成分が奥まで浸透しないのです。

 

そこでイオン導入器の出番です。イオン導入器を使って電流を流すことで反発を弱めることができ、成分を奥まで浸透させることができる、という仕組みとなっています。

 

このようにイオン導入美顔器というのは科学的な力を用いているため、効果を実感しやすいのです。シミやそばかすをどうにかしたい、ニキビや目の下のたるみなどを改善したいなどお肌の悩みを抱えている方は一度利用してみるのも良いかもしれませんね。